ユーザ名: パスワード:
パスワード紛失   |  
(株)こま設計堂のユーザー登録について

早わかり!こま設計堂

(株)こま設計堂

〒558-0004
大阪市住吉区長居東4-13-20

メゾンよしの204
TEL 06-7892-3055
FAX 06-6696-0602
メール koma@pap-pro.com
koma_sekkei@yahoo.co.jp
Yahoo!からのメールは↑へ
地図へ
事務所案内pdf版

■■プライバシーポリシー■■
■■当サイトについて■■

Staff募集

コンテンツ

最近の記事

RSS

携帯サイト

リンク


トップ  >  本棚  >  余白の愛 - 小川 洋子 (著)

yohaku.jpg

# 文庫: 234 p ; サイズ(cm): 15 x 11
# 出版社: 中央公論新社 ; ISBN: 4122043794 ; (2004/06)

この本は実は、先日紹介した私が顧問建築士をしているマンションの”コミュニケーションデー”の一環として年末に行われている、大掃除と古本交換会の時に、最後に残った本の中にひっそりと紛れ込んでいた本でした。


「美しいもの」で紹介した『博士の愛した数式』や、『世にも美しい数学入門』の著者です。


小川洋子さんの作品は、不思議な文章で、ほんわりさせる力がある。結局Yはどうなったのかがよく分からなかったり、博物館やそれにまつわる話しは何だったんだ?という尻切れトンボなんですが、それはそれでいいような感じもします。もっとも「博士の愛した数式」でも「あれはどうなったの?」というような断片がたくさんありますので。それも「余白」と言うことで。


「博士の愛した数式」に比べると少し文章がまどろっこしい部分やまだ洗練されていない部分もあって読むのがしんどいところもありますが、小川洋子さんの不思議な魅力にはまってしまうのは間違いないです。
テーマ設定も独特で、耳を患った女性と速記者(男性)という組み合わせも何とも言えない雰囲気を出しています。こんな、テーマ設定ができる小川洋子さんがとっても不思議です。

前
美しいもの
カテゴリートップ
本棚
次
不思議な数πの伝記 Alfred S. Posamentier (著), Ingmar Lehmann (著), 松浦 俊輔 (翻訳)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
©(株)こま設計堂 2018 & Powered by XOOPS Cube Legacy

Default Designed by OCEAN-NET & Arrangement by PAP Production