ユーザ名: パスワード:
パスワード紛失   |  
(株)こま設計堂のユーザー登録について

早わかり!こま設計堂

(株)こま設計堂

〒558-0004
大阪市住吉区長居東4-13-20

メゾンよしの204
TEL 06-7892-3055
FAX 06-6696-0602
メール koma@pap-pro.com
koma_sekkei@yahoo.co.jp
Yahoo!からのメールは↑へ
地図へ
事務所案内pdf版

■■プライバシーポリシー■■
■■当サイトについて■■

Staff募集

コンテンツ

最近の記事

RSS

携帯サイト

リンク


トップ  >  本棚  >  不思議な数πの伝記 Alfred S. Posamentier (著), Ingmar Lehmann (著), 松浦 俊輔 (翻訳)

pai.jpg
# 単行本: 325 p ; サイズ(cm): 19 x 13
# 出版社: 日経BP社 ; ISBN: 4822282457 ; (2005/11/03)


最近「数学」にはまっている私のつい先日選んだ書籍です。
「数学」の得手不得手にかかわらず、皆さんが知っている円周率π=3.14・・・の、タイトル通り「伝記」です。「伝記」ということですから、πの成り立ちから成長、現在に至るまでを、実に軽快に、簡単な数式のみを用いて説明してくれています。その話しの進め方はなかなかのもので、著者の文章力に感じ入りました。少し残念だったのは、訳者がていねいに訳しすぎていることですかね。原文を読んでいないので分からないのですが、原文が「技術系」文章になっているのかもしれません。


私を含め、技術者や理系の人間が書く文章というのは、「誤解の生じないように」「一意であるように」といった文章になり、およそ文学的な文章からかけ離れます。文学的な文章というのは読み手をわくわくさせたり、読み手に意味を預けたりすることがおおいのですが、理系の人間は論文でも「A=B」「B=C」「C=D」だから「A=D」といったような科学的に明確で、誰が読んでも誤解が生じないように表現する訓練をされています。そういった人が文章を書くので、どうしてもまどろっこしい文章になったり、不明確なことを断定できなかったりする文章になります。


そんな雰囲気がこの本から感じ取れたのですが、それを除いても楽しい「伝記」だと思います。πの意外な一面を見ることができます。


と、ご紹介しておいて、個人的には少し物足りなかったなぁ(期待していたほどではなかったなぁ)と感じました(笑)。

前
余白の愛 - 小川 洋子 (著)
カテゴリートップ
本棚
次
国家の品格 - 藤原 正彦 (著)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
©(株)こま設計堂 2018 & Powered by XOOPS Cube Legacy

Default Designed by OCEAN-NET & Arrangement by PAP Production