ユーザ名: パスワード:
パスワード紛失   |  
(株)こま設計堂のユーザー登録について

早わかり!こま設計堂

(株)こま設計堂

〒558-0004
大阪市住吉区長居東4-13-20

メゾンよしの204
TEL 06-7892-3055
FAX 06-6696-0602
メール koma@pap-pro.com
koma_sekkei@yahoo.co.jp
Yahoo!からのメールは↑へ
地図へ
事務所案内pdf版

■■プライバシーポリシー■■
■■当サイトについて■■

Staff募集

コンテンツ

最近の記事

RSS

携帯サイト

リンク


トップ  >  経歴・活動  >  活動2<研究活動(発表論文、主なもの)>
2006年7月18日現在

■研究活動(発表論文、主なもの)
 ・「高層建築における道路交通騒音とその影響」
  新居 洋子、成瀬 哲生、今井 宏二、橋本 頼幸
  日本生理人類学会誌、Vol.1, No.2, p29-36,1996.05

 ・「交通騒音の生理、作業能率、心理に及ぼす影響に関する研究」
  橋本 頼幸、新居 洋子、成瀬 哲生
  日本建築学会計画系論文集、第515号, p25-31,1999.11

 ・「誘発脳波から見た交通騒音の人体に与える影響に関する研究」
  橋本頼幸、西岡利晃、梅宮典子、大倉良司
  日本建築学会環境系論文集、第570号, p1-6,2003.08

■学位論文
 ・交通騒音の生活及び人体に与える影響に関する研究
  大阪市立大学大学院 工学研究科 建築学専攻, 2003.03

■修士論文
 ・交通騒音の生理、作業能率、心理に及ぼす影響に関する研究
  大阪市立大学大学院 工学研究科 建築学専攻


■発表論文(2003年以降)
2003(平成15) 7
題名:「鉄道騒音の暴露量とその影響に関する研究―大都市圏での戸建住宅と集合住宅の比較―」
著者:尾形 賢、橋本頼幸、西岡利晃、梅宮典子、大倉良司
学会等:日本建築学会近畿支部研究報告集、pp.109-112、2003


2003(平成15) 9
題名:「鉄道騒音の暴露量とその影響に関する研究その1 戸建住宅と集合住宅の比較」
著者:橋本頼幸、尾形 賢、西岡利晃、梅宮典子、大倉良司
学会等:日本建築学会大会(東海)学術講演梗概集、pp.5-6、2003


2003(平成15) 9
題名:「鉄道騒音の暴露量とその影響に関する研究その2 うるささに及ぼす非音響的要因」
著者:橋本頼幸、尾形 賢、西岡利晃、梅宮典子、大倉良司
学会等:日本建築学会大会(東海)学術講演梗概集、pp.7-8、2003


2004(平成16) 4
題名:「関西における密集市街地再開発住宅の空気環境-夏季・冬季のアンケート調査-」Indoor climate in the residence at redevelopment area of crowded city in Kansai area- Questionnaire research in summer and winter -
著者:日本建築学会環境工学委員会空気環境小委員会換気性能測定ワーキンググループWorking Group for Residence Ventilation Performance, Air Environmental Sub-committee, Environmental Engineering Committee, AIJ
学会等:日本建築学会技術報告集19-0406、p173-176、2004


2004(平成16) 8
題名:「新幹線騒音と在来鉄道騒音に対する社会反応-振動と音源に対する態度の影響-」
著者:藤原広志、佐藤哲身、森原崇、橋本頼幸、矢野隆
学会等:日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集、pp.113-114、2004


2004(平成16) 8
題名:「在来線鉄道の振動の不快感に及ぼす影響について」
著者:橋本頼幸、西岡利晃、梅宮典子、大倉良司
学会等:日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集、pp.313-314、2004


2004(平成16) 8
題名:「閉回路網を用いた住宅換気量計算の評価」
著者:藤原清貴、西岡利晃、橋本頼幸、和田研介、梅宮典子、大倉良司
学会等:日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集、pp.761-762、2004


2004(平成16) 8
題名:「改正建築基準法(シックハウス法)の運用状況とその問題点」
著者:和田研介、西岡利晃、梅宮典子、大倉良司、橋本頼幸、藤原清貴
学会等:日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集、pp.779-780、2004


2004(平成16) 8
題名:”On the percent highly annoyed in community responses tonoise as measured by the ICBEN 5-point scale in Japanese”
著者:T. Yano, T. Sato, T. Morihara and Y. Hashimoto
学会等:The 33rd International Congress and Exposition on Noise Control Engineering


2005(平成17) 3
題名:「回路網を用いた換気量計算による住宅換気計画の評価」
著者:藤原清貴、西岡利晃、梅宮典子、大倉良司、橋本頼幸、和田研介
学会等:空気調和・衛生工学 会近畿支部学術発表会論文集、2005年、pp.65-68


2005(平成17) 3
題名:「住宅の実測結果を用いた換気量計算プログラムの整合性の検証」
著者:和田研介、西岡利晃、梅宮典子、大倉良司、橋本頼幸、藤原清貴
学会等:空気調和・衛生工学 会近畿支部学術発表会論文集、2005年、pp.61-64


2005(平成17) 8
題名:Characteristics of road traffic noise in Hanoi and community response to noise.
著者:Anh P.T.H., Yen P.T.H., Cuong T.D., Dang P.N., Nai L.V., Nishimura T., Sato T., Hashimoto Y. and Yano T.
学会等:Proceedings of 12th International Congress on Sound and Vibration 2005, CD version.


2005(平成17) 9
題名:「回路網を用いた換気量計算による住宅換気計画の評価 その1 モデルプランを用いた評価」
著者:藤原清貴、和田研介、橋本頼幸、西岡利晃、梅宮典子、大倉良司
学会等:日本建築学会大会(近畿)学術講演梗概集、pp.695-696、2005


2005(平成17) 9
題名:「回路網を用いた換気量計算による住宅換気計画の評価 その2 住宅の実測結果を用いた換気量予測計画の整合性」
著者:和田研介、西岡利晃、梅宮典子、大倉良司、藤原清貴、橋本頼幸
学会等:日本建築学会大会(近畿)学術講演梗概集、pp.697-698、2005


2005(平成10) 10
題名:ハノイの道路交通騒音の特性と社会反応に関する予備調査
著者:佐藤哲身、P.T.H.Anh、西村強、T.D.Cuong、矢野隆、橋本頼幸、P.T.H.Yen、P.N.Dang、L.V.Nai
学会等:日本音響学会 騒音振動研究委員会 N-2005-51


2006(平成18) 2
題名:Community response to road traffic noise in Hanoi – Part I: Outline of social survey and noise measurement.
著者:Cuong, T.D., Yano, T., Sato, T. and Hashimoto, Y.
学会等:Annual report of Architectural Institute of Japan, Kyushu Branch., 45(2), 41-44.


2006(平成18) 2
題名:Community response to road traffic noise in Hanoi – Part II: Dose-response relationships and the effects of the intervening variables on annoyance.
著者:Cuong, T.D., Yano, T., Sato, T. and Hashimoto, Y.
学会等:Annual report of Architectural Institute of Japan, Kyushu Branch., 45(2), 45-48.


2006(平成18) 3
題名:「換気量予測に関する研究 ―2つの実測方法と計算との比較―」
著者:和田研介、西岡利晃、梅宮典子、大倉良司、橋本頼幸
学会等:空気調和・衛生工学 会近畿支部学術発表会論文集、2006年、pp.139-142


2006(平成18) 3
題名:ハノイでの道路交通騒音に関する社会調査A social survey on community response to road traffic noise in Hanoi
著者:Hai Yen, P.T., Hai Anh P.T., Nishimura, T., Nguyen P.D., Nai, L.V., Dang, P. N., Hashimoto, Y., Sato T., Cuong, T.D. and Yano, T.
学会等:Technical Report of Noise and Vibration Committee of Acoustical Society of Japan, N-2006-20
前
本が出ました。
カテゴリートップ
経歴・活動
次
活動3<調査・実測など>

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
©(株)こま設計堂 2018 & Powered by XOOPS Cube Legacy

Default Designed by OCEAN-NET & Arrangement by PAP Production