ユーザ名: パスワード:
パスワード紛失   |  
(株)こま設計堂のユーザー登録について

早わかり!こま設計堂

(株)こま設計堂

〒558-0004
大阪市住吉区長居東4-13-20

メゾンよしの204
TEL 06-7892-3055
FAX 06-6696-0602
メール koma@pap-pro.com
koma_sekkei@yahoo.co.jp
Yahoo!からのメールは↑へ
地図へ
事務所案内pdf版

■■プライバシーポリシー■■
■■当サイトについて■■

Staff募集

コンテンツ

最近の記事

RSS

携帯サイト

リンク


トップ  >  本棚  >  世田谷一家殺人事件―侵入者たちの告白 著:斉藤 寅

setagaya.jpg

# 単行本: 254ページ
# 出版社: 草思社 (2006/06)
# ISBM4-7942-1502-9
# 定価 本体1400円+税

 相変わらず設計から離れていてすみません。本職はばりばり設計の仕事をやっておりますので、ご心配なく。ほんとに政治・経済・社会事件、何でも扱うページとなりつつありますが、ちょっとおもしろい、というか何ともいえない気持ちになった本を読んだのでご紹介。


 本当に何ともいえない読後感が漂った本でした。著者が取材を元に、読みやすいように多少色をつけたかもしれない。それにしても、この中にかかれているないようクリミナル・グループ(犯罪集団)の、それも国際的な(アジア)の、問題を正面から取り上げた、びっくりするような、そして、実はそうかもしれないと思わせるような内容です。

 2000年12月30日に、一家4人が自宅で殺害された「世田谷一家殺人事件」は、現場にたくさんの証拠が数多く残されていたにもかかわらず、いまだ解決していない。その事件は、実は、我が国にあるアジア系若者?によるクリミナル・グループが関与していたと、著者は言う。


 著者の取材内容を信用するならば、それらの取材を細かく積み重ねて、なぜ「世田谷」の宮澤さん一家がねらわれたのか、その犯行の一部始終はどうなっているのか、等を詳細に描画する。


 ない話ではない。また、この国にこのような現象があってもおかしくない。


 まさにそう思わせる内容であり、またこの国の実態であると痛感する。


 北朝鮮からミサイルを撃ち込まれる時代。私たちの国を守る、ひいては家族や大切な人を守ると言うことは、どういうことかをまじめに考えること、目をそらさないことが今必要なことではないでしょうか? 平和ボケしている場合ではない、と私も警鐘を鳴らしておきます。



前
マンション崩壊 あなたの街が廃墟になる日 - 山岡 淳一郎
カテゴリートップ
本棚
次
自民党は殺された!  著:堀内 光雄

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
©(株)こま設計堂 2018 & Powered by XOOPS Cube Legacy

Default Designed by OCEAN-NET & Arrangement by PAP Production