ユーザ名: パスワード:
パスワード紛失   |  
(株)こま設計堂のユーザー登録について

早わかり!こま設計堂

(株)こま設計堂

〒558-0004
大阪市住吉区長居東4-13-20

メゾンよしの204
TEL 06-7892-3055
FAX 06-6696-0602
メール koma@pap-pro.com
koma_sekkei@yahoo.co.jp
Yahoo!からのメールは↑へ
地図へ
事務所案内pdf版

■■プライバシーポリシー■■
■■当サイトについて■■

Staff募集

コンテンツ

最近の記事

RSS

携帯サイト

リンク


トップ  >  本棚  >  99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (新書) - 竹内 薫

kasetu.jpg


# 新書: 254ページ
# 出版社: 光文社 (2006/2/16)


一つ前の「下流社会」と同時に大学生協で2割引で買った本です。
「99.9%は仮説」というつかみは非常によいですが、私にとっては、普段の考え方を竹内氏が書いた、という本でした。一般の方には新鮮かもしれませんが、おそらくエンジニアが日常していることです。


私は、設計を仕事としています。メーカーや工務店などが「こうします」「こうさせて下さい」「この商品はいいですよ」というのをひっきりなしに持ち込みます。そんなとき、まず、私の立場は「それほんとうにいいか?」ということから始まります。何か欠点はないのか?をいろんな角度から検証します。何故か?


もし仮に、欠点のない完璧な商品や工法がそこに存在したら、間違いなく世の中はそれ一色になってしまうはずだ。と思うからです。メーカーやそれを採用したい側は、欠点よりも長所ばかり宣伝するでしょう。それは当たり前です。それに乗せられては、ただのブローカーです。その商品を採用するには、完璧でなくても、欠点を補う技術があるのか、メリットとデメリットを比較してメリットの方が多いのか、をできる限り検討した上で決定します。従って、だいたい新しい商品や売り込み品は採用に至らないケースがほとんどです。


つまり、これらのエンジニア的考えや検証は、竹内氏のいう「思いこみで判断しない」「情報は疑う」ということに精通します。そういう意味で私にとってはあまり新鮮みがありませんでした。


ここまで書いて、つくづく私も「ひねくれた性格」だと思います・・・。


「何故飛行機が飛ぶのか」を考えたことのない方は、是非お読み下さい(笑)

前
下流社会 新たな階層集団の出現 (新書) - 三浦 展
カテゴリートップ
本棚
次
外交敗北――日朝首脳会談の真実 (著)重村 智計

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
©(株)こま設計堂 2018 & Powered by XOOPS Cube Legacy

Default Designed by OCEAN-NET & Arrangement by PAP Production