ユーザ名: パスワード:
パスワード紛失   |  
(株)こま設計堂のユーザー登録について

早わかり!こま設計堂

(株)こま設計堂

〒558-0004
大阪市住吉区長居東4-13-20

メゾンよしの204
TEL 06-7892-3055
FAX 06-6696-0602
メール koma@pap-pro.com
koma_sekkei@yahoo.co.jp
Yahoo!からのメールは↑へ
地図へ
事務所案内pdf版

■■プライバシーポリシー■■
■■当サイトについて■■

Staff募集

コンテンツ

最近の記事

RSS

携帯サイト

リンク


トップ  >  本棚  >  宗教と現代がわかる本 2007 - 渡邊 直樹 (編集)

41X8VHPSrTL._AA240_.jpg


# 単行本: 334ページ
# 出版社: 平凡社 (2007/03)


購入してから1月以上かかって読み終えたという形になってしまいましたが、実際に読んだ時間で考えると「一気に読んだ」という印象。間にいろいろと処理しないといけないことがあったので読むのに期間を要してしまったが。


宗教を抜きにして人間社会を語れるのか。思想を語れるのか。


現代において「宗教を語る」と言うことは、特に教育現場においてタブーになっている。
しかし、私たちが生きていく上で宗教的思想を無視して理解することが困難な場面に直面する。人生における困難な場面での対応を教えるのが教育であるとすれば、宗教的思想を教えることはタブーにはならないと思う。


話は横にそれたが、私も建築の仕事をしていると、時々人間の力以上のものを感じるときがある。それと宗教を重ねるわけではないが、ある土地に建物を造る、ある建物をリフォームして再度命を吹き込む、そういった人と建物との巡り合わせは、はまったとき(役者が揃ったとき)に非常に大きなエネルギーを放つ。


それはともかく、
タイトル通り「宗教と現代がわかる本」であった。


前
子会社は叫ぶ―この国でいま、起きていること (単行本) - 島本 慈子 (著)
カテゴリートップ
本棚
次
今私たちに求められていること

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
©(株)こま設計堂 2018 & Powered by XOOPS Cube Legacy

Default Designed by OCEAN-NET & Arrangement by PAP Production