ユーザ名: パスワード:
パスワード紛失   |  
(株)こま設計堂のユーザー登録について

早わかり!こま設計堂

(株)こま設計堂

〒558-0004
大阪市住吉区長居東4-13-20

メゾンよしの204
TEL 06-7892-3055
FAX 06-6696-0602
メール koma@pap-pro.com
koma_sekkei@yahoo.co.jp
Yahoo!からのメールは↑へ
地図へ
事務所案内pdf版

■■プライバシーポリシー■■
■■当サイトについて■■

Staff募集

コンテンツ

最近の記事

RSS

携帯サイト

リンク


トップ  >  本棚  >  世にも美しい数学入門 ちくまプリマー新書 (011) - 藤原

4480687114.jpg

# 新書: 173 p ; サイズ(cm): 18
# 出版社: 筑摩書房 ; ISBN: 4480687114 ; (2005/04/06)

('05/05/30)入手しました
(’05/06/01)読み終えました。数学というの美しいものだという話を、数学者と作家が対談して本にまとめています。私も学生時代から数学がとても美しいものだと言うことを感じていました。高校や大学の頃は数学と物理は得意でした。なぜなら覚えることがほとんど無いうえに、覚えることは実に美しい式なのです。ニュートンの運動力学の法則であるF=ma(F:力,m:質量,a:加速度)の式などは世の中の物理現象をこんな簡単な式で表せるとはすばらしいと感動したものです。しかも移動距離や速度などはこれらを微分・積分すれば求まるので、力学で覚えておけばよい数式はなんとF=maだけ、というのが実にすばらしいと思ったものです。とにかく暗記が苦手だったので、覚えることが少ないというのはこの上なく勉強が楽でした。
 今私はどういう因果か建築を生業としています。建築はときどき”うつくしくない”です。もちろん、有無を言わせずうつくしいものもあります。その違いは何か? その答えは”うつくしい数学”の中にあるのかもしれないなぁと思いました。(なんともったいぶった書き方でしょう。)

前
月刊will
カテゴリートップ
本棚
次
あなたの心が壊れるとき - 高橋 龍太郎 (著)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
©(株)こま設計堂 2018 & Powered by XOOPS Cube Legacy

Default Designed by OCEAN-NET & Arrangement by PAP Production