ユーザ名: パスワード:
パスワード紛失   |  
(株)こま設計堂のユーザー登録について

早わかり!こま設計堂

(株)こま設計堂

〒558-0004
大阪市住吉区長居東4-13-20

メゾンよしの204
TEL 06-7892-3055
FAX 06-6696-0602
メール koma@pap-pro.com
koma_sekkei@yahoo.co.jp
Yahoo!からのメールは↑へ
地図へ
事務所案内pdf版

■■プライバシーポリシー■■
■■当サイトについて■■

Staff募集

コンテンツ

最近の記事

RSS

携帯サイト

リンク


トップ  >  雑談  >  2005年  >  やっぱり解散ですね。勝手に銘々「リセット解散」
事務所のホームページに政治ネタを書くのはどうかと思ったのですが、やはり書いておきます。

衆議院解散ですね。当たり前だ。できれば、参議院も解散してほしいところです。
郵政民営化は自民党の選挙公約ではなかったのか。みんな、そのことを忘れて、いろんな理屈をこねたり、「他にやることがあるだろう」論、「今でなくても」論、「手続きが納得できない」論、など笑止千万。

まずは筋を通すべきだ。選挙公約でそう書いておいて、有権者から支持を得て政治の世界で働いているのではないか。反対した自民党議員と比例区の反対議員は辞職するべきだ。政治家は有権者に「政治をさせてもらっている。」という気持ちを忘れてはいけないのではないか。

と、ここまで書いてはたと考える。私もこのホームページで何度も「設計者は建築主の代理人です。」なんて言っている。そう、私たち設計者の仕事も、「依頼者に仕事をさせてもらっている」という謙虚な気持ちを忘れてはいけないですね。「依頼者の仕事をしてやっている」なんてもってのほか。でも、実際にそんな設計者も多いようです。何とも悲しい限り・・・。

いろんな意味で、「解散すべき」な今日この頃です。

(追記 05/08/09AM8:10)
解散後各局のニュース番組を見て、また朝刊を見ても、相変わらず焦点のずれた発言をする解説や政治家が多いんだけど、もう一度言っておきますが、ことの是非はともかくとして郵政民営化は”政党公約”だったのではないのですか。どうして誰もこのことを言わないのか不思議でなりません。
前
高校入試の問題としては名文ではないだろうか?
カテゴリートップ
2005年
次
映画「スイングガールズ」

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
©(株)こま設計堂 2018 & Powered by XOOPS Cube Legacy

Default Designed by OCEAN-NET & Arrangement by PAP Production