ユーザ名: パスワード:
パスワード紛失   |  
(株)こま設計堂のユーザー登録について

早わかり!こま設計堂

(株)こま設計堂

〒558-0004
大阪市住吉区長居東4-13-20

メゾンよしの204
TEL 06-7892-3055
FAX 06-6696-0602
メール koma@pap-pro.com
koma_sekkei@yahoo.co.jp
Yahoo!からのメールは↑へ
地図へ
事務所案内pdf版

■■プライバシーポリシー■■
■■当サイトについて■■

Staff募集

コンテンツ

最近の記事

RSS

携帯サイト

リンク


スタッフブログ
当事務所は3人の建築士がいます。今まであんまり公にしていなかったですが(^^ゞ

で、事務所のホームページの更新頻度を高めるために、二人でなるべく交互に、なるべく定期的に記事をアップしていこうと、2009年に思いつきました(笑)。

そんなわけで、この「スタッフブログ」が始まりました。
  • カテゴリ Room of H の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

スタッフブログ - ミーナの行進

ミーナの行進

カテゴリ : 
Room of H
執筆 : 
Blogger's Avatar  2009/6/25 8:01
「何の本を読んだかは、どう生きたかの証明でもあるんや。」

相変わらず不思議な文章を書きはります。


ミーナの行進

小川 洋子 (著)
# 単行本: 348ページ
# 出版社: 中央公論新社 (2006/4/22)
# ISBN-10: 4120037215
実はこの小説はいろんな事がすべて消化不良で終わっている。なんだかとてつもなく壮大な物語のほんの一部分を切り取って一冊分をまとめました、という感じである。
冒頭の文章もこの本の中の一説である。どんな本を読んだのか、というのはどう生きたのかという証である、というのはなかなか真理を突いているように思う。

確かに、生きているということは、今生きている中の登場人物や事象が最終的にどうなるか、なんてわからないわけだから、生きていくことは常に消化不良であることには間違いない。

いってみれば、私の仕事も、依頼者のある人生の一コマを「新築」したり「リフォーム」したり、あるいは「相談」に乗ったりしているのであって、それらは長い時間をかけて初めて「消化」されるのであって、その部分だけを切り出してみたら、この本のように「消化不良」であることは間違いない。

ならば、この本のようなさわやなか読後感、というものを提供できるような仕事にするのが、私たちの仕事の大切な部分かもしれません。

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
©(株)こま設計堂 2018 & Powered by XOOPS Cube Legacy

Default Designed by OCEAN-NET & Arrangement by PAP Production