ユーザ名: パスワード:
パスワード紛失   |  
(株)こま設計堂のユーザー登録について

早わかり!こま設計堂

(株)こま設計堂

〒558-0004
大阪市住吉区長居東4-13-20

メゾンよしの204
TEL 06-7892-3055
FAX 06-6696-0602
メール koma@pap-pro.com
koma_sekkei@yahoo.co.jp
Yahoo!からのメールは↑へ
地図へ
事務所案内pdf版

■■プライバシーポリシー■■
■■当サイトについて■■

Staff募集

コンテンツ

最近の記事

RSS

携帯サイト

リンク


スタッフブログ
当事務所は3人の建築士がいます。今まであんまり公にしていなかったですが(^^ゞ

で、事務所のホームページの更新頻度を高めるために、二人でなるべく交互に、なるべく定期的に記事をアップしていこうと、2009年に思いつきました(笑)。

そんなわけで、この「スタッフブログ」が始まりました。
  • カテゴリ Room of H の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

スタッフブログ - 睡蓮の長いまどろみ<上><下> -- 宮本輝(著)

睡蓮の長いまどろみ<上><下> -- 宮本輝(著)

カテゴリ : 
Room of H
執筆 : 
Blogger's Avatar  2009/10/30 19:04
またもや宮本輝です。なんだか積み上げていた宮本輝の一掃処分みたいな感じですが・・・

何か惹かれるものがあるんですよね。なぜなのか今ひとつよく分かっていなかったのですが、巻末の辻井喬氏のコメントに「文学のなかにおける思想は美しくなければいけない。」というのがあり、「なるほど。それか!!」と合点がいった、という感じです。

そう、宮本輝の作品の中の思想は、どうしようもないぐらい美しいのです。

ちなみに、氏は「わが国の文学が衰えた最大の原因は、人々が思想に美しさを求めなくなったからではないだろうか」と語っている。






睡蓮の長いまどろみ(上) (文春文庫) (文庫)
宮本 輝 (著)

# 文庫: 304ページ
# 出版社: 文藝春秋 (2003/10/11)
# ISBN-10: 4167348152
# ISBN-13: 978-4167348151
# 発売日: 2003/10/11












睡蓮の長いまどろみ(下) (文春文庫) (文庫)
宮本 輝 (著)

# 文庫: 320ページ
# 出版社: 文藝春秋 (2003/10/11)
# ISBN-10: 4167348160
# ISBN-13: 978-4167348168
# 発売日: 2003/10/11
「宿命」をテーマに、非常に巧みに話を展開し、いいたいことを折り込められています。さすがです。昔、宮本輝は「文章が美しい」から好きだ、と思っていたのですが、最近はそれとともに「思想が美しい」のだと、気づきました。基本的に美しいものは好きです。まぁ、それだけなんですがね(^^ゞ。

この作品については、私がどうのこうの言うよりも読んでいただいた方がいいですし、それが最もこの作品を理解することにつながります。私がこちょこちょまとめたところで、氏のいいたいことを簡潔に言えるわけ無いですし、作品の魅力を伝える手助けにもならない気がします。

私はこの作品で初めて「因果倶時」という言葉を知った。どうやら仏教用語らしい。
「原因が生じた瞬間に結果もそこに生じている」という意味らしい。
蓮の花は咲いたときに既に実ができていることから、この小説のテーマになったのであろう。蓮って仏教思想の重要な要素だから、その当たりの思想をうまく絡めたということだ。

宮本輝の思想や文章が美しい、というのは、詰まるところ「映像的」にも美しいのだと思う。私も建築設計をする一人。美しさを共感できるのかもしれない。

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
©(株)こま設計堂 2019 & Powered by XOOPS Cube Legacy

Default Designed by OCEAN-NET & Arrangement by PAP Production